育児

トイレトレーニングはいつから?無理なく進められる方法を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トイレトレーニングはいつから?

こんにちは! 今回の記事はパパ担当です。

ママ
まわりのお友達にオムツがはずれた子が増えてきたみたい。
うちもそろそろトイレトレーニングを始めたいよね。

 

ある日、妻の口から トイレトレーニングという言葉が出ました。

3歳の息子が生まれてから、オムツ替えを積極的に手伝ってきました。
ですが、息子はいつまでもオムツを履いているわけがないんですよね。

 

トイレトレーニングとは?

パパ
はじめて聞いたとき思ったことは「トレーニングって何をするの?」でした……

 

オムツをはずすにあたって、とつぜん自然発生的にトイレへ行けるようになる。
そんなわけがありません!

トイレで用を足すことを、子供に覚えさなければなりません。

子供の発達のタイミングを見ながら、徐々にトイレに行くことに慣れさせる。
それがトイレトレーニングです。

オムツはずれには個人差がある

オムツはずれに、どのくらいかかる?

 

オムツが外れる時期は、個人差が大きいと言われます。
なぜ個人差が出るのかというと、体の発達が関係しています。

 

  • 赤ちゃんの頃は、膀胱におしっこがたまると反射的に出る状態で、尿意を感じることはない
  • 体の発達とともに膀胱におしっこが溜まるようになる
  • おしっこが溜まったことを脳が認識できるようになる

 

発達とともに、段階を踏まないといけないということですね。
オムツはずれは、一足飛びにはいかないようです。

パパ
曖昧な知識で「3歳だし、そろそろオムツ外したほうがいいんじゃない?」と失言をするところでした(汗)

トイレトレーニングに要した期間はどれくらい?

ネットで調べた統計によると、トイレトレーニングに要した期間は「6か月未満」と答えた方が約半数
なかには1年以上という答えも。

トイレトレーニングを始めた時期も、
「1歳になる前」
「2歳を過ぎてから」
「2歳10か月で」
といったように、人によって本当にさまざま。

ちなみに我が家では、息子が2歳を過ぎたころから保育園の先生に相談していました。
ですが、先生は「焦らなくて大丈夫ですよ~」という軽い感じ。

トイレトレーニングを本格的に始めたのは、息子が保育園の3歳児クラスに上がったときです。

ですから、3歳と7カ月頃でしたね。
息子のまわりの園児との比較ですが、遅いほうだと思います。

トイレトレーニングって何をするの?

トイレトレーニングの5STEP

 

記憶を振り返って辿ってみても、自分がどうやってトイレに行けるようになったのか思い出せるわけもなく……。

ここからは、トイレトレーニングで失敗しない方法を5つのステップに分けて紹介していきたいと思います。

ママ
子供の発達には個人差があります! それぞれの発達ペースで無理のないタイミングで始めることをおすすめします!

トイレトレーニングのSTEP その1

まずはイメージトレーニング!
トイレに関する絵本などで「おしっこはトイレでする」とイメージをつけてあげましょう!

おすすめの絵本

五味 太郎さんの絵本。子供のころに読んだ、というママとパパも多いかもしれませんね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みんなうんち (かがくのとも傑作集) [ 五味太郎 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2018/6/19時点)

 

おすすめの動画

BabyBusというアニメ。パンダ好きの息子はよく見ています。
幼児教育のアプリを作っている会社が制作していて、内容がよくできています。

今回、紹介した回のほかにもたくさんコンテンツが揃っています。

 

 

トイレトレーニングのSTEP その2

おしっこの間隔が2~3時間空いてきたら、本格的なトイレトレーニングのはじめどき!
「ためてから出す」という感覚が大事です。

膀胱におしっこをためる機能がととのっているかを確認するために、オムツをこまめに見て排尿の間隔をチェックします。

 

トイレトレーニングのSTEP その3

トイレに何度も座ってみる

 

おしっこの間隔があいてきたら、少しづつトイレに誘いましょう
子供がトイレに興味をもつような環境をつくってあげることも大事です。

おすすめの補助便座

アンパンマンの歌が流れたり、声をかけたりしてくれます。
便座に置くだけなので、取り付け取り外しが楽です。

 

 

踏み台

意外と盲点なのが、この踏み台です。

一般家庭の便器は、基本的に大人サイズです。
子供は便座に座っても足が届かないので、怖がる子は多いようです。

 

 

ママ
踏み台を用意せず、息子を怖がらせてしまいました。
しばらくトイレに行きたがらなくなってしまったので、踏み台はあったほうがいいですよ!

 

よくできましたシール

トイレでちゃんとおしっこができたら、シールを1枚貼れるというように、遊びを取り入れれば子供はよろこびますね。

 

トイレトレーニングのSTEP その4

子供が「おしっこ、出そう」と感じ、それを大人に伝えるということを教えます。

息子は「おしっこが出た」ことは教えてくれるようになったのですが、「出そう」と伝えるのは難しかったようです。
この期間がけっこう長かったです。

「出そう」と伝えてくれるようになったら、トイレでおしっこすることにチャレンジしてみましょう!

 

トイレトレーニングのSTEP その5

STEP1~4までがクリアできたら、いよいよオムツを外します。
オムツではなく、パンツで生活する時間を少しづつ長くしていきます。

ですが、最初はオムツが外れるのを嫌がる子もいるみたいです。
そんなときは、キャラクターものや好きな柄など、子供が履きたくなるようなパンツを用意してあげましょう!

 

トイレトレーニングで、大人が気をつけたいこと

トイレトレーニングでは、何よりも子供の気持ちを考えながら誘うことが大切です。

トイレでおしっこができた! という成功体験が、おむつはずれのポイント。
ですから、大人は焦らず、忍耐強く、子供を見守ってあげましょう。

 

おしっこのサインを見抜く

子供はおしっこが出る前に、何らかのサインを出していることがあります。

例えば、「またをさわる」「もじもじする」「体を震わせる」「動きが止まる」など。
こういったサインを見抜いて、トイレに誘うタイミングをつかみましょう。

 

誘うタイミングを見計らう

トイレに誘うタイミング

トイレに誘うタイミングは、おしっこの間隔があいてオムツが濡れていないとき。
無理やりトイレに連れていくとトイレが嫌いになってしまうので、子供の気持ちを考えながら誘います。
嫌がるときは誘わないで、数日あけるというのも手です。

起床時、寝る前、食事のあと、お風呂の前、というように決まったタイミングで誘うのもいいでしょう。

 

スムーズに進まなくてもイライラしない

トイレトレーニング中は、できたりできなかったりの繰り返しです。
一度はできたのに、もう一度オムツに後戻り……ということもあります。

いつかははずれるから!」くらいの気持ちでトイレトレーニングに取り組みましょう!

 

パパ
子供にとっても、トイレトレーニングは成長のための試練だよね。
ママ
自分から教えてくれたら、思い切りほめてあげようと思うわ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*